FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

外泊11

食べれるもの
それは

おにぎりと卵豆腐

白ご飯をお椀によそったものはダメ
白い豆腐はダメ

・・・と
妙な状態が数日続きました
退院してからはそれも消えたのですが
暫く冷蔵庫には大量の卵豆腐がストックされていました。

今思うと
結構子供が好むものばかりを食べていたような気がします

●おにぎり
●卵豆腐
●ばなな

これで暫く生きてたような気がします。
とはいっても
これでも食べるだけいいので
特に問題なく食べ続けてました

ただし・・・

薄味のみ

しかムリで
おにぎりにふりかけとかいう組み合わせでは
速攻嘔吐という状態ではありました

とはいうものの・・・
コーヒーは飲んでいたのがとても不思議でしたけど・・・
外出時に先生に
「コーヒー飲んでいい?」と聞いてたらしいですが
その聞き方はやっぱり子供状態だったらしいです


 お年寄りとかが子供に返るとかいうのをよく聞きますが
 実際、脳炎でそれを経験するとお年寄り見てても
 妙な共感が出来ます
 ただ自分の場合は
 子供みたいだ・・・とどこかで冷静に見てる自分がいた
 そんな気がします
 でも
 見てるだけでどうすることも出来なかった
 そんな感覚を覚えています
 それはとっても不思議で
 今でもなんだったのか分らないままに居ますけど
スポンサーサイト



別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊10

外泊は眠れないので無理やり退院して
家で寝ようと思ったものの・・・
さっぱり眠れない状態になったのですが
まぁ・・・

帰ったことで食欲は幾分戻りました
・・・が

物が持てない
それがある位置が分らない



結構苦労をしました

見た位置と手を伸ばす位置が分らない

とい状態だったので
物を取ることが出来ずにいました

初日はただ寝ているだけで
ただぼーっと天井を見ていました
その天井もグラグラ揺れてて
布団の横は崖だと思い込んでて
抱き枕を落としちゃいけないとずっと考えながら
一晩を過ごしてました


 携帯にずっとうだうだと色々書いてありました
 (不思議と携帯は打てていた)
 そこにあったその当時のメモは
 「お医者さんに怒られた」だの
 「治療が終わったって言われた」だの
 誰に言われたんだ?と首を傾げる事がいっぱい書かれてました
 多分それは幻覚で
 ぼーっとしたままツラツラと書いていたみたいです

別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊09

外泊するときの条件に

トイレ

の問題がありました。
入院中は簡易トイレが隣に置いてあったので
数歩でトイレを済ませることが出来てましたが
家は狭いなりに歩く必要がありました

しかしなに以上に…

排尿障害

だったので
入院中は管を直接膀胱に差してました
排尿させるために尿道に挿入する管なるものをつけてました。

が…

外泊にこれをつけとくわけにも行かないので
自己導尿なる方法を取るようにといわれてました
とどのつまり
自分で管を差して排尿しなさい
と言うことでしたが…

が…

ムリ…

熱でパーになってる頭な上に手もよく動かない自分で
尿道にトイレに行く場合に差して…
というのは…

ムリです…

とはいうものの
一刻も早く出たかったので

一応習って
一応出来るようになって

外出許可を貰いました

とはいうものの…
こういう道具を自分でつけるわけですが…
男性ならともかく女性では難しいよなぁと思います。
でも
こういう道具が出来たおかげで退院できてる人も多いと聞きますので、とても画期的なもんなのだろうと思います。

結果的に
幸いにして排尿障害は治ったのですけども。
最悪は
ずっとそうしないといけない状態であったかも知れないと
後で聞かされて
結構ぞっとしました…

別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊08

外泊して改善したこともありました

食欲

これは退院してから回復しました。
それまでは
■テルミールのイチゴ味
 高エネルギー&バランス栄養食(液体タイプ)

■マルボーロ
■カステラ
(共に赤ん坊でも食べれるお菓子)

しか食べれてなかったのですが。
帰ってくると
鶏肉が食べれました。
入院数週間…上のもの以外はほとんど食べてなかったのに
帰ってくると落ち着いたのか

食べれました
(多分環境のせいかと思います)

ある程度食事を取れるようになると
どこと無く気分も上向きになり
少しずつ精神的に落ち着いてきたような気がしました。

~追記~
マルボーロカステラは…
かなりワガママ言いまくっていたみたいです。
携帯メモにもなんか好き勝手に書いてました。

カステラ →福砂屋のザラメ付きのカステラがいい
マルボーロ→北島のマルボーロがいい

とはいっても、カステラかマルボーロなら特に問題なく食べてたみたいです。(子供返りしてたので)




別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊07

前回の【柴胡加竜骨牡蛎湯】で眠れないので…

■ドリエル
 ◆効能
  一時的な不眠の次の症状の緩和:
  寝つきが悪い、眠りが浅い

を試してみました…
今思えば病院に行って睡眠剤を貰ってこればよかったのですが
病院に行きたくないとダダをこねていたので市販品をためしていました…

が…

眠る前にあれこれと考えてしまう精神状態は
この効果を超えたようで…

(1)眠れる薬だから眠れるはず
   ↓
(2)眠れるはず
   ↓
(3)寝れるはず
   ↓
(4)眠くない
   ↓        
(5)なんで?
   ↓        
  (1)に戻る

これを延々と繰り返し眠ることは出来ませんでした。
一晩中これを考えて30分ごとに携帯の時計を見て
過ぎていく時間に唸ってました

普通の精神状態じゃないのは
今になれば分ることなんですが…
その時はいっぱいいっぱいで
自分でもどうしてそうなのか分らずに
ただただパニック状態でした


別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 | NEXT