FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

外泊01(精神安定)


こんばんは、はるなです。

入院を続け、周りの環境が気になり
(感覚過敏が病状として現れたそうです)
連続睡眠が取れない状態になってました。
(数分単位にストンと眠っては起きる状態だったそうです)

話していても
その途中で

意識不明

常にこういう状態のために
会話内容は途切れ途切れになってました。
(本人はずっと起きていると思っていた)

それを見ていた同居人は

これはヤバイ…眠らせないと…

と思ったらしいです。
そして本人も

眠らないと…まずい・・・

と思っていました。
途切れ途切れに寝ているとはいっても、当人は眠った感じが無く、朦朧とした状態がずっと続いている状態だったために

眠らないと…眠らないと…

と強迫観念に囚われて
余計に眠ることが出来なくなり

寝かせてくれ!!

と暴れた事もありました。
(飲んでる薬の関係上、強い睡眠薬は飲めなかったし、飲めるものを飲んでも眠れなかった)

そんな状態を見ていた担当医は

様子見で外泊させようか…

と考えてくれたようでした。
私が「眠れない!周りがうるさい!どうにかしてくれ!」と子供の様に駄々をこねてワンワン泣いてる状態だったので、これを改善しなければと思ったそうでした…

ただ問題は「熱」でした。
40度を下げることが出来なかったのです。
強制的に下げてもまた上がるだけで、またすぐに上がる。

でも
それ以上に

精神的な落ち着き

が必要ではないのか?
そういう話をしてもらって

なにかあったらすぐに来る

そういうことで

あくまでお試し外泊

と言うことで、4日外泊を貰いました。
とはいっても…

立てない・歩けない・眩暈が激しい

などと…
支えてもらっても立てない歩けない、そんな状態でした。

スポンサーサイト



別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2007年1月現在


こんばんは、はるなです。

倒れて半年ほどが経とうとしてます。
その間に祖父が亡くなり、最愛のペットを亡くしました。

人が星になるのはどこと無く納得が出来るのですが…
ペットロスというのは人よりも重い。

精神的ショックが大きく
もういいかと思った導眠剤は再び復活してしまいました
しかもその衝撃か

逆行性健忘

を引き起こしたらしく。
過去に舞い戻って記憶が消える(ショックのあまり)状態になったようで、お医者様に

思考が追いつかないのかなぁ…

といわれ

こればっかりはねぇ…

本人もどうしていいもやら…と悩みあぐねて年を越しました。

脳炎のダメージは結構回復に時間が掛かるそうなので
先生曰く

「一年ぐらいは見といて」

とのことでした。
オイラは特に考え込んだら止まらない性格のため思考の混乱がたまに起きてるようです。
ペットを亡くした後、また

ここ…どこ?

と位置が分からないやら、することが分からないやらが復活しました。
眠っていて自分が部屋の中でどっち向きに寝てるのか分からない、そんな状態にも戻ってしまった。
戻ったかなぁと思っていただけに

難しいなぁ頭って…。

と実感しておりますが。

シンプルに考えることも薬

といわれたので、なるべくシンプルに考えるよう
自分で自分のお薬にしているところです。
また
色々思い出すには書くのが一番いいから
またせっせとこれを書いていこうと思ってます。
別窓 | 6.その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 |