FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

外泊10

外泊は眠れないので無理やり退院して
家で寝ようと思ったものの・・・
さっぱり眠れない状態になったのですが
まぁ・・・

帰ったことで食欲は幾分戻りました
・・・が

物が持てない
それがある位置が分らない



結構苦労をしました

見た位置と手を伸ばす位置が分らない

とい状態だったので
物を取ることが出来ずにいました

初日はただ寝ているだけで
ただぼーっと天井を見ていました
その天井もグラグラ揺れてて
布団の横は崖だと思い込んでて
抱き枕を落としちゃいけないとずっと考えながら
一晩を過ごしてました


 携帯にずっとうだうだと色々書いてありました
 (不思議と携帯は打てていた)
 そこにあったその当時のメモは
 「お医者さんに怒られた」だの
 「治療が終わったって言われた」だの
 誰に言われたんだ?と首を傾げる事がいっぱい書かれてました
 多分それは幻覚で
 ぼーっとしたままツラツラと書いていたみたいです

スポンサーサイト



別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

一年経過

昨年いけなかったお祭りに
(本人は行く気だったが意識不明になったのでいけなかった)
二年越しで行ってきました

生きて来れてよかったね

とシミジミしてきましたが・・・
お払いとか諸々をここの神社でしてるので

お払いしたからこれぐらいで済んだのかなぁ…

とか思いつつもテクテク歩いてきました。
昨年の秋に無理やりそこであったお祭りに行った際は

全てが静止画

にしか見えませんでした。
頭の中がパンクしてるようで
少ないメモリのデジカメの様にコマ送りでしか風景が見れない常態でしたが…
(奥行きがまったく分らない状態でした)

今回はしっかり見えてたので
安心しました。

静止画状態は
本当に一枚の大きな写真が目の前にあるような感じで
奥行きがない状態でした
ジャスコに行っても
そう見えてたので

陳列棚がどこにあるのか分らない

という妙な状態でした。

どういう風にみえるの?

と今でもよく聞かれるですが…
本当に大きなパネルが目の前にどーんとある感じで
それがスライドの様にポンポンと切り替わっていくような感じ…

数秒感覚で映る防犯カメラの画像のような感じでした。
そんな目だったので
当然…
車椅子でアチコチにぶつかってました。


ただパネルの画素はよかったみたいで。
お店の配列とかはしっかり覚えていたのが不思議でしたけど

別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

去年の今日

頭が痛くて寝ていた時間
この数時間後に倒れて救急車だったっけなぁ・・・
と思いつつ
今日も元気に頭に氷を巻いてるというのがなんとも・・

とはいっても
まだ

暑い!

と思うだけいいというのは昨年実感しました。
本当に熱が出てくると

寒い!

となるので。
まだまだ

暑い!

と思うのいいのかなぁと思って居ます。

そうはいっても・・・
暑いと頭が痛むので。
冷凍庫の中は冷却材でいっぱいになってしまってます。
特に痛みが左目奥からくるので
(炎症を起こすらしいです)
痛いかも・・・と思うと冷すようにしています。
日中は保冷材をタオルで頭に巻いて冷してますが
(首筋に巻いている)
寝る時は枕の上に氷枕を置いて寝ています
(頭が痛くて起きることが多いので)

入院中は本当の氷枕を枕に乗せてたのですが
(こういうもの→湯たんぽ兼氷枕

動くたびに音がするし、氷がちくちくするので
硬くならない氷枕がいい

と入院中に悟りました
(あの音が好きだという患者さんも中には居ましたが)

↓現在利用中の氷枕
■ 熱さまシートの氷枕
 →固めても柔らかいので寝る時は枕の上においてます
  起きてるときは、熱さまシート貼ってます

↓少し涼しい時に利用中の氷枕
■ 熱交換原理のひんやり枕
 →水入れるだけでヒンヤリする枕
  そこそこの暑さの時につかってます
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

一年検診

倒れたのは昨年29日でした。
ので
一年経つしということで検診を受けましたが・・・

採血が・・・できません・・・(涙目)

血管が細いのでなかなか取れないのです。
慣れた方ならまぁどうにか取れるらしいのですが
なかなか取れないんです。

数回チャレンジの後
手の甲から取りましょうといわれ
さすがに抵抗した挙句
寝かされてどうにか採血されたものの

眩暈起こして立ち上がれません(涙目)

暫く寝かされたまま
グルグル回る世界を楽しんでおりました・・・。

最近ずっと頭が痛いので
その原因を見てみましょうということもあって採血になりました。
もしまだまだ痛いようなら再びMRI写してみましょうということにもなりました。

多分暑さにダウンしてるかと思うのですけども。
どうも・・・

恐怖症

になってるみたいです。
自分でもはっと気がつくんですが・・・
倒れた先は自宅のトイレの前だったので
夜中にそこに立ってみると

あの時と同じような匂いがする・・・

と思って金縛りになることも暫しあります。
こういうのは
時間しか解決法がないみたいなので

ないないとそういう思考を振り切っていくしかないみたいです。



別窓 | 6.その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

車椅子の次に来るもの

車椅子(ブレーキ付き)を買わずにレンタルしてたので
返した後の事を考えないといけなくなりました。

その時に…

歩行器にでもしたらという意見があったのですが…
(お婆ちゃんとかが押してるあのコロコロ)

これに

リハビリの先生大反対

それに頼って歩くため
歩けなくなる可能性があるのでダメとのこと…
とはいえ
本人は脳内混乱で地面が揺れてる状態なので
支えがないと歩くのは怖い…
そうなった時出て来たのは



眼で見た景色と頭が考えて出したものの位置が異なるので
遠近感が狂ってしまってるので
杖でもついて位置を確認して歩けば
歩けるのでは…
ということでした

が…

杖…

お年寄りが持ってるイメージがあるので
なかなか抵抗がありました。



別窓 | 9.歩行や移動道具 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊と車椅子

外泊する時
車椅子(ブレーキ付き)を借りました

外泊時は病院から借りたのですけども
退院時にはレンタルしました。

それまでは
車椅子は高いと思ってたのですが…
2万ほどで買えるということを知りました。
レンタルが月額5000円でしたので
どうしようかと考えてはいたんですが…

買うとずっと乗ってますよ?

と介護レンタル屋さんに言われたので

歩けるようになりましょう

とういうことでレンタルにしました。

実際…
そのおかげで歩けるようになったような気がします。
返さないとなぁと思いながら

歩けるようにならないとね…

そう思ってましたので。
あの時のお兄さんの意見には感謝してます。
別窓 | 9.歩行や移動道具 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊09

外泊するときの条件に

トイレ

の問題がありました。
入院中は簡易トイレが隣に置いてあったので
数歩でトイレを済ませることが出来てましたが
家は狭いなりに歩く必要がありました

しかしなに以上に…

排尿障害

だったので
入院中は管を直接膀胱に差してました
排尿させるために尿道に挿入する管なるものをつけてました。

が…

外泊にこれをつけとくわけにも行かないので
自己導尿なる方法を取るようにといわれてました
とどのつまり
自分で管を差して排尿しなさい
と言うことでしたが…

が…

ムリ…

熱でパーになってる頭な上に手もよく動かない自分で
尿道にトイレに行く場合に差して…
というのは…

ムリです…

とはいうものの
一刻も早く出たかったので

一応習って
一応出来るようになって

外出許可を貰いました

とはいうものの…
こういう道具を自分でつけるわけですが…
男性ならともかく女性では難しいよなぁと思います。
でも
こういう道具が出来たおかげで退院できてる人も多いと聞きますので、とても画期的なもんなのだろうと思います。

結果的に
幸いにして排尿障害は治ったのですけども。
最悪は
ずっとそうしないといけない状態であったかも知れないと
後で聞かされて
結構ぞっとしました…

別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊08

外泊して改善したこともありました

食欲

これは退院してから回復しました。
それまでは
■テルミールのイチゴ味
 高エネルギー&バランス栄養食(液体タイプ)

■マルボーロ
■カステラ
(共に赤ん坊でも食べれるお菓子)

しか食べれてなかったのですが。
帰ってくると
鶏肉が食べれました。
入院数週間…上のもの以外はほとんど食べてなかったのに
帰ってくると落ち着いたのか

食べれました
(多分環境のせいかと思います)

ある程度食事を取れるようになると
どこと無く気分も上向きになり
少しずつ精神的に落ち着いてきたような気がしました。

~追記~
マルボーロカステラは…
かなりワガママ言いまくっていたみたいです。
携帯メモにもなんか好き勝手に書いてました。

カステラ →福砂屋のザラメ付きのカステラがいい
マルボーロ→北島のマルボーロがいい

とはいっても、カステラかマルボーロなら特に問題なく食べてたみたいです。(子供返りしてたので)




別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊07

前回の【柴胡加竜骨牡蛎湯】で眠れないので…

■ドリエル
 ◆効能
  一時的な不眠の次の症状の緩和:
  寝つきが悪い、眠りが浅い

を試してみました…
今思えば病院に行って睡眠剤を貰ってこればよかったのですが
病院に行きたくないとダダをこねていたので市販品をためしていました…

が…

眠る前にあれこれと考えてしまう精神状態は
この効果を超えたようで…

(1)眠れる薬だから眠れるはず
   ↓
(2)眠れるはず
   ↓
(3)寝れるはず
   ↓
(4)眠くない
   ↓        
(5)なんで?
   ↓        
  (1)に戻る

これを延々と繰り返し眠ることは出来ませんでした。
一晩中これを考えて30分ごとに携帯の時計を見て
過ぎていく時間に唸ってました

普通の精神状態じゃないのは
今になれば分ることなんですが…
その時はいっぱいいっぱいで
自分でもどうしてそうなのか分らずに
ただただパニック状態でした


別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊06

眠れない…
眠れないと思うから、さらに眠れない…
そう思うから、もっともっと眠れない…

眠れない~!

っと暴れまわっていたところ…
同居人が「眠れる薬」をいくつか仕入れてきてくれました。

■柴胡加竜骨牡蛎湯
 さいこ かりゅうこつ ぼれいとう という漢方薬でした

 ◆効能・効果
  精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症

夕飯前に飲んでおくと眠る時間には体がぽかぽかして眠れる…
らしいのですが…
精神不安の大きさがこれを上回ったようで…

一日目しか効果なし

でした…

 ※ ただ大分落ち着いた後に飲むとすんなり眠れたので
   この頃がとても精神不安定だったんだろうなぁと思います。



別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊05

強迫性障害は自覚も無く
なんでこんなことを考えて怖がるのかと
別に冷静に見ている自分もそこにはいました

外泊は5日でしたが…
その間連続して眠ったのは2時間ほどしかなく
ずっとぼーっとした状態のままでした

そのためか
より思考がおかしくなり

眠れない眠れない全然眠れない!!

と夜中号泣している状態でした

後々聞くと
こう思い続けることは「マイナス思考のスパイラル」状態で
悪化の一途をたどるそうで…

眠れないけどまぁいいか

と思うような考えにしないとだめだといわれました。
とはいっても…
なかなか混乱した状態の人間が思考を切りかえれる訳も無く…

何かにすがる

それを求めるしかありませんでした。







別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

外泊04(自宅)

後遺症にもある「強迫性障害」
それに完全になった感じがあの頃ありました。
現在でも
どーんと暗くなって「強迫性障害」らしきものになる時がありますが…あの頃よりは押さえが利くようになったように思ってます

■強迫性障害
強迫性障害は、自分でもばかばかしい、変だ、うんざりする、ぞっとするなどと思いながらも、意思に反して繰り返し頭の中に何らかの考え、イメージ、あるいは衝動が割りこんでくること(強迫観念)を特徴とし、その強迫観念によって引き起こされる不快感を取り除こうとする行動(強迫行為)を伴います。

この頃、記憶が一日と持たなかったので
日記をつけることをしていたのでその当時

こんなこと一晩中考えてたのか…

と思うようなことをずっと考えていました。
前回書いてた「外泊02」の時の

布団の外は崖で出ると落ちる

と考えて怖くて一晩中眠れないその状態の翌日…

もつ鍋を買うか買わないか(テレビで見たらしい)

これを一晩中考えてたみたいです。
今思うと「ばかばかしい…」と思うのですが、その頃は真剣に考えてたようで、読めないほど乱れた字で「どうしようか」と書いてありました。

多分
テレビで一瞬見てそれが頭に焼き付いて
眠ろうとした時に
その事を考えて
考え出したら止まらない…
そんな状態になってたみたいです。

こういうおかしな状態は12月ほどまで続きました…
別窓 | 3.外泊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

退院後のリハビリ (座る)

脳のダメージでしたので
一番初めのリハビリは

「とにかく起きておくこと」

でした。
半身だけでもいいから起き上がっておくこと。
ぼーっとしててもいいけれど


「とにかく頭を体の上に上げておくこと」

でした。
健康ならそれはタダ単に座っておけばいいのですが…
退院したてには

それすら困難

でした。
首まである座椅子を買って来てもらって
どうにか座るものの…

海で浮き輪に座ってような感じで周りが揺れてる

そんな状態で初日は10分と持ちませんでした。

★こういう座椅子を買いました


別窓 | 8.リハビリ道具 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

背景を変えてみました(夏)

向日葵にして見ました!
夏らしく…

とはいうものの…

7月に入ってからなんとなくずっと曇りばかりですけどね…
ここは(先日は台風)


別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

真夏に毛布

熱がある→点滴をする→少しだけ熱が下がる

ということで家に戻ってきたものの…
次にきたのは

猛烈な寒気

でした。
真夏(かなりの猛暑)だというのに

エアコンなし+毛布と羽根布団

いう状態でも寒くて寒くてしょうがなかった。
その間ずっと頭が割れるように痛く
滝のように汗をかいていたものの…

水分補給

というか

口にものを入れる

と言うことが出来なかった。
かといって眠れる状態ではなく(頭が痛くて眠れない)
一晩中何かを考えてました(何かは忘れました)

そして

4時頃


グルン

と視界が回ったのに気が付きました…。
一旦回った後

上下左右の感覚が無くなりました

自分が寝てるのか起きてるのか、立ってるのか、それがわからなくなりました。
この時点で…

まずい…

と思う気持ちがあったので。
二段ベッド(一階は物置)から這うように降りました(どうやって降り方は覚えてません…)

こうして「発端?」の状態になりました。

2006/09/02のブログ 発端?~
カテゴリー「1.入院まで」の状態になりました。
■入院までの経緯





別窓 | 7.前兆 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

やっぱりこの時期がダメなのか…

6月末から始まった頭痛は寝てる時以外に起こってるようで
特に気温によってガンガンと痛み出すようです
先生に聞いてみたところ…

とにかく風邪は引かないように

と釘を刺されました。
実際現在もガンガンしてるのですけど…
ヘタに眠るとすぐに昼夜逆転するのでどうにか起きてます。



昨年7月
ずっと頭が痛くて
外に出た時間の二倍は頭を冷さないと立ってられない状態でした。
冷蔵後には保冷材が山の様に入っていて
数時間毎に取り替えて頭に巻いてました



ここまでなっても

夏ばて

だと思ってました。
ただ…
これはおかしい…と思ったことは倒れる前日に起こってました。

寒い…

朝目が覚めた瞬間にゾクッとしました。
エアコンをつけてたのですが、それがとてつもなく寒かった…

体た起きてないか…

と思って高温のシャワーを浴びたものの…
シャワーの温度が分らないという状態でした。
相当熱めにしたはずがちっとも熱くない。

その時点で…

ヤバイ…

と思ってました。
でも
夏風邪だと思ってました。


どうにか病院に向かって熱を計ってもらった所
やはり38度を超えており

心拍数と血圧が異常に高い

という状態になってました。
今まで見た事の無い血圧と心拍数でした。


別窓 | 7.前兆 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 |