FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

考え方とペットの体調

不安に思うと止まらない状態になるので
いささかパニック気味になるのですが(後遺症としてもある)
そうなってくるとこの頭はすぐにオーバーフローするので
ぽかーんとフリーズ状態になってしまいます

 ※なにも考えられなくなる

そしてしばらくして
また悪い考えを繰り返しては
再び止まって・・・
を繰り返します

すると人間もダウンするんですが
動物もダウンします
気疲れでぐったりした人間と
それをみてぐったりとするペット・・・

ぐったりが怖くて動物病院に行くと

「飼い主さんが必死すぎてペット側が疲れてるんですよ」

といわれて仕舞った
(ペットさんとしては回復傾向らしいものの飼い主がパニくってるのでそれにびくびくしてたらしい)
そしてまた・・・

「気楽にしておきましょうね」

と動物のお医者さんから人間が言われました
んで
そうかぁのんびりでいいんだぁと思ったら
肩の力も抜けて
ペットさんものんびりとくつろぐようになりました

まだまだこのパニくる状態を克服してるとは思いませんが
ある程度のセーブができるようになればなぁと思っています
今度病院行くときに
先生に少しはなしてみようかなぁと・・・

 ※先生にも「もっと気楽でいいです」と言われてるんですけど(笑)

病気になって回復して
回復したけどできないことが多くて
それを考え込んで考えて考えて
頭がパニック起こしてしまう

これもまた回復の一歩らしいですけど
人間の頭ってのは
ちょっとした事で色々と壊れていくもんだし
ちょっとした事で再生したりするんだなぁと・・・
ここ数日でおもいました

スポンサーサイト



別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ずいぶん時間が経ちました

昨年7月末に倒れて
8月中旬に退院して
リハビリしてリハビリして
その間におじいちゃんとフェレットを亡くして
年が明けて2007年になった

2006年後半はなにがなんだか分からなかった
2007年になって前半は色々とゆっくりと考えてた
でも
2007年後半になってまた色々起こり始めた
同じ季節にフェレットが体調不良になった・・・
なんでなの?
また去年を繰り返すの?
そう考えると怖くてしょうがない・・・

でもその怖くてしょうがないは
後遺症であって
怖い怖いと思い始めることを
止めることができない・・・

何のためにこういう経験をしてるのだろうかと
一歩離れた自分が見てる
そうしてないと正常に保てない・・・

頭の中のどっかが飛んだのかなぁっと・・・
困ったもんだと思いながら、もう12月





別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 |