FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

救急センター3


こんばんは、はるなです。

意識不明の間に

この熱はなんなのか!

と色々検討していたようですが
なかなかこの時点で

脳炎の疑いがあるから

髄液を取りましょう


とまでは行かないらしく
総合内科の主治医といえど、右往左往していたようです
これは入院後暫く続くのですが
「で?原因はなんですか?」「不明なんです」が数日続いたそうです。

後々聞いた話しでは
オイラは二段階で熱が上がっていたので
この時点ではもしかすると「脳炎」でなく「本当の夏風邪」で
弱った体に「脳炎併発」というプロセスだったのかも知れない
…という話しもありました。
神経内科的には「この時点で髄液とれれば」と思ったようですが
そこまで行かなかったようです。

脳炎の元になる「ウィルスや病原体」はうようよその辺にいるらしく
弱った体に、大半は「のど」からウィルスたちがやってきて
脳まで到達すて炎症を起こすらしいのです…
ですが…オイラは弱っていたのだろうか?と今でも思ってます。
確かに倒れた時期「昼夜逆転」生活をしてました
でも規則正しい昼夜逆転だったので…
そう負担は無いだろうとおもってました…。
まぁ、お医者様は「多分それ」というんですが…
半年以上はそれだったので、なんで?と暫し思ってました
今でも「なんで?」とは思いますが…
再発でもすると怖いので(^_^;)
きちんとした時間で生活するようにもどしました。

そしてオイラは「感冒」(風邪)と言うことになり
緊急入院と言うことになりました

この時点で

まぁ2・3日入院だね

といわれていたものが
あれよあれよと

悪化の一途

と辿り
意識不明→意識混濁→性格崩壊→記憶欠落その他色々
という最悪ルートを通ることになりました…

スポンサーサイト




別窓 | 1.入院まで | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<救急センター4 | 突然脳炎になってしまった驚きの日々 | 救急センター2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 |