FC2ブログ

突然脳炎になってしまった驚きの日々

2006年の7月末に突然の高熱! そして意識混濁…どうにか復帰はしたものの、その後の歩行障害や記憶障害や空間認識障害が残りました。 その上に、祖父が急死、大切なペットが急死と… 波乱日々…

脳炎の予兆

脳炎になったのは7月の末

でもその予兆にあたるものは今考えると結構前からあった

5月ぐらいからなんとなく頭が重く昼夜が逆転してた

6月ぐらいから頭痛はより頻繁になり

まったくもって昼夜逆転となった

平気で二日とか起きてた

7月になって頭痛はよりひどくなった

毎日薬を飲んでどうにか過ごしていた

そのうち薬も利かなくなった

それが7月の中旬ぐらい・・・


本来偏頭痛持ちだったので

それが原因の頭痛だろうと思ってました・・・

暑いと頭が痛くなるので・・・

それが原因だろうと勝手に思ってました・・・

でも違いました

そんなもんじゃなかった

頭の芯から頭痛は起こってた

頭全体が痛くて

なんかずっと熱を持ってた

 今思えば甘かった
 なんというのか・・・
 ただの頭痛だと思ってた



ウィルス性の脳炎は限界点があるそうで

私が起した高熱状態は

私の中のウィルスの許容量が越えてしまったために起こったもの

そのウィルスは普通にいるものの

免疫が落ちると暴走するものらしい


私のその暴走は・・・

昼夜逆転のような生活からきたもの

そして夏場の暑さからの免疫低下


 ◆◇◆ メモ ◆◇◆

   脳炎のウィルスは普通に空中に居ます
   脳炎にならないのは自分の免疫で押さえているから
   その免疫が薄れると
   そのウィルスは一気に体の中で増えていきます
   そのウィルスが脳に入ると脳炎を引き起こします




   
スポンサーサイト




別窓 | 7.前兆 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<あじ | 突然脳炎になってしまった驚きの日々 | 後遺症08071702 動くものがわからない2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 突然脳炎になってしまった驚きの日々 |